2012/11/25

[SQLearning][SQLite]テーブルの変更と削除

SQL ゼロからはじめるデータベース操作を教材にしてSQLiteを学ぶ
SQL学習連載「SQLearning」の第4回です。

前回: [SQLearning][SQLite]データ型と制約の指定 | DevAchieve
第3回は「テーブルの変更と削除」についてです。

カラムの追加

以下の CREATE 文で生成されるテーブルを元に解説していきます。
CREATE TABLE products (
    id          INTEGER NOT NULL PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
    name        TEXT    NOT NULL UNIQUE,
    description TEXT    NULL,
    price       INTEGER NOT NULL,
    discount    INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,
    reg_date    TEXT    NOT NULL DEFAULT CURRENT_DATE
);
このテーブルにカラムを追加するには以下のように記述します。
ALTER TABLE <テーブル名> ADD <カラム名> <型> <制約>;
ALTER TABLE products
    ADD bar_code TEXT NOT NULL DEFAULT '000000000000000';
カラムは常に末尾に追加されます。
CREATE TABLE 構文とは異なり、以下のような制約があります。
  • 追加されるカラムは PRIMARY KEY 制約, UNIQUE 制約を持つことができません。
  • 追加されるカラムは デフォルト値に固定値以外の値(CURRENT_TIME, CURRENT_DATE, CURRENT_TIMESTAMP, 式)を持つことができません。
  • 追加されるカラムに NOT NULL 制約が指定されている場合は NULL 以外のデフォルト値が設定されている必要があります。
  • 外部キー制約が有効で、REFERENCES 句とともにカラムが追加された場合、追加されたカラムはデフォルト値に NULL を持たなくてはなりません。
※ CHECK 制約を追加する際は既存の列に対してテストされないことに注意してください。
これは CHECK 制約に違反するデータを含むテーブルになりうることを意味します。
SQLite の今後のバージョンでは追加される CHECK 制約を検証するように変更されるかもしれません。

カラムが追加されたデータベースは SQLite Ver.3.1.3 以前のバージョンで読めなくなります。

テーブル名の変更

テーブル名を変更するには以下のように記述します。
ALTER TABLE <テーブル名> RENAME TO <新しいテーブル名>;
テーブル名を変更した際に外部キー制約が有効ならば
REFERENCES 句に指定されていたテーブル名は新しいテーブル名に自動的にリネームされます。

SQLite Query Language: ALTER TABLE

テーブルの削除

テーブルを削除するには以下のように記述します。
DROP TABLE <テーブル名>;
テーブルに関連付けられたすべてのインデックスとトリガも削除されます。
DROP TABLE IF EXISTS <テーブル名>;
IF EXISTS を記述すれば存在しないテーブルの削除を試みることによるエラーを防ぐことができます。

次回

次回は「SELECT文の基礎」を予定しています。

SQL ゼロからはじめるデータベース操作 (CD-ROM付) (プログラミング学習シリーズ)
SQL ゼロからはじめるデータベース操作 (CD-ROM付) (プログラミング学習シリーズ)

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)