2012/12/11

[競技プログラミング][PHP][第2回早稲田大学プログラミングコンテスト]団子とうさぎ

A - 団子とうさぎ

時間制限 : 2sec / スタック制限 : 64MB / メモリ制限 : 64MB

古来より,月にはうさぎが住んでおり,餅をついていると言われている.
我々が月を見上げるとき,うさぎ達もまた地球を見ているのである.

問題

今,うさぎたちの目の前には N 段に積まれた団子がある.
今回の積み方では,上から x 段目には,x2 個の団子がある.
これらの団子を M 匹のうさぎたちで平等に分けることを考えよう.
あなたの仕事は,団子を平等に分けた時,いくつ団子が余るかを求めるプログラムを書くことである.

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる.
N M
団子の段数を表す整数 N(1≦N≦100) とうさぎの数 M(1≦M≦100)が半角スペース区切りで与えられる.

出力

団子を平等に分けた時,余る団子の数を標準出力に 1 行で出力せよ.
なお、最後には改行を出力せよ.

出典

A: 団子とうさぎ - 第2回早稲田大学プログラミングコンテスト | AtCoder

回答

AtCoder/wupc_01.php at master · wada811/AtCoder · GitHub
<?php
fscanf(STDIN, "%d %d", $n, $rabbit);
$count = 0;
for($i = 1; $i <= $n; $i++){
    $count += pow($i, 2);
}
echo $count % $rabbit . PHP_EOL;
?>
$count を求めるもっと上手い方法あったかな?

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)

ブログ アーカイブ