2013/01/11

Sublime Text 2の設定をDropboxで共有する

Sublime Text 2は個人で複数台のPCにインストールして利用することが
許可されているので(Sublime Text 2 - Sales FAQ)
複数台のPCにインストールしようと思うが、設定は共通にしておきたい。
Sublime Text 2によるストレスフリーな開発環境 | ntcncp.netを参考に
設定を共通化してみようと思う。
環境は両方ともMacなのでWindowsの人はできるか知らないけど読み替えてください。

設定をDropboxに移行

ターミナルで以下のコマンドを実行する。
mkdir ~/Dropbox/Settings/
まずはDropboxフォルダに設定を入れるフォルダを作成する。
mv ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/ ~/Dropbox/Settings/
上記のフォルダにSublime Text 2の設定などが入ったフォルダを丸ごと移動する。
ln -s ~/Dropbox/Settings/Sublime\ Text\ 2/ ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2
Dropboxに移した設定などのファイルにシンボリックリンクを張り、
Sublime Text 2が設定などを参照してもDropboxに置いた設定などを読めるようにする。

元に戻したかったら以下のコマンドでシンボリックリンクを削除して
rm -rf ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2
以下のコマンドで元の場所に戻せば良い(はず)。
mv ~/Dropbox/Settings/Sublime\ Text\ 2/ ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/

他のMacでDropboxの設定を反映

他のMacでSublime Text 2をインストールしたら以下のコマンドで既存の設定などのファイルを削除する。
rm -rf ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/
-rf をつけると Sublime Text 2以下のフォルダにあるファイルを再帰的に削除してくれる。
ln -s ~/Dropbox/Settings/Sublime\ Text\ 2/ ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2
Dropboxに置いてある設定などのファイルからシンボリックリンクを張れば
他のMacでもDropboxに置いてある設定などのファイルを参照してくれる。

これで複数台のMacで設定を一本化できるのでやっておいて損はない。

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)