2014/09/05

Mac で Command + M のウィンドウ最小化を無効化する

基本的にウィンドウの最小化って使わないです。
なのにCommand + mという
Command + nCommand + , のミスを
待ち構える配置になっているので微妙にストレスがたまります。
トグルだったらまだ良かったのですが最小化したっきり戻ってこないので
メニューバーのウィンドウから前面に表示させるしかありません。
そこが一番のストレスポイントですね。

ということでCommand + mを無効化したいと思います。

システム環境設定 > キーボード > キーボードショートカット

アプリケーションの「+」ボタンを押すと以下のような表示が出ます。
ここで全アプリケーションに対して
メニュータイトル「しまう」、「最小化」、「Minimize」のキーボードショートカットを設定しましょう。

とりあえずCommand + Ctrl + mに変更しました。


アプリケーションを開き直すと適用されるとか、開き直さなくても適用されるとか。
これで操作ミスでウィンドウが最小化されることもなくなるかと思います。

参考
How to Create a Keyboard Shortcut for Menu Items Everywhere - Tuts+ Computer Skills Tutorial

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)