2014/11/19

さくらのVPSにスタードメインで取得した独自ドメインを設定してみた

さくらののVPSにスタードメインで取得した独自ドメインの設定してみました。
個人でVPSを借りて遊ぶのには hosts ファイル書き換えで十分でしたが、
サイトを他の人にも見せることになったので
IP でアクセスしてもらうのもカッコがつかないなぁ、ということでドメインを取得しました。
安くて Twitter などでも評判が良く、Whois情報公開代行も無料で行ってくれるスタードメインにしました。

さくらのVPS

コントロールパネルにログイン

さくらのVPSコントロールパネルにログインし、左メニューにある「ネームサーバ登録」をクリックします。

「さくらインターネットの会員メニュー」ログインページに移動します。

「会員ID」「パスワード」を入力し、「ログイン(認証)」をクリックします。

新しいネームサーバの登録

ページの下の方に「新しいネームサーバの登録」があります。

設定する「ドメイン名」を入力し、「送信する」をクリックします。

ゾーンの追加が実施されるので、ゾーンの初期設定をするために「ドメインメニューへ」をクリックします。

ドメイン名の一覧が表示されるので、設定するドメインの「ゾーン編集」をクリックします。

簡単設定の項目の「サーバのIPアドレス」にVPSのIPアドレスを入力し、「送信する」をクリックします。

さくらインターネットのネームサーバ

設定したドメインの情報が表示されます。

先ほど入力したIPアドレスは、「Aレコード」に追加されています。
ネームサーバーの情報(タイプが NS のもの)は、
スタードメイン側に登録するのでページは閉じないでおきましょう。

スタードメイン

「さくらのネームサーバ」を利用するように設定したので、
スタードメイン側から「さくらのネームサーバ」を参照するように設定します。

スタードメインを運営している NetOwl の管理ページから
「スタードメイン管理」の「管理ドメイン一覧」を開いて「ドメイン管理ツール」をクリックします。

「ネームサーバの確認・変更」をクリックします。

ネームサーバにさくらのVPSのネームサーバーの情報を入力して保存します。

ドメイン設定完了

数時間くらいすれば名前解決されてドメインでアクセスすれば
さくらのVPS側にアクセスできるようになります。

DNS逆引きレコード変更

DNS逆引きは IP アドレスからドメイン名を取得することで、
DNS逆引きレコードが設定してあれば取得できる。
DNS逆引きレコードが設定してあると
どこの馬の骨かもわからないサーバではない(※自称)と宣言できるので
設定しておくといいかもね(※ただし必須ではない)というくらいのノリっぽいです。

以下を参考に設定しました。
DNS逆引きレコードを変更する|さくらのVPS|さくらインターネット公式サポートサイト

設定すると nslookup IP.ADD.RE.SS で設定したドメイン名が取得できます。

参考

さくらのVPSに独自ドメインを設定してみた - VPS比較 - Webkaru

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)