2014/09/22

peco を導入した

コマンドラインの行選択ツール peco を導入しました。
peco - Simplistic Interactive Filtering Tool
どんなものかわからないと思うので上のリンクから Demo の gif 画像を見て下さい。
なんとなく便利そうな雰囲気がしますよね?

インストール

それではインストールしてみましょう。Mac では Homebrew で以下の通り。
brew tap peco/peco
brew install peco
それ以外の場合は上のリンクからインストール方法を確認して下さい。
Go で作られているのでインストールが簡単らしいです。

peco のカスタマイズ

peco はパイプでコマンドの出力を行選択して、パイプで次のコマンドに渡すコマンドラインツールなわけだけど
ある程度頻繁に使いそうなものについてはスクリプトファイルを書いておいたほうが便利ですね。
こういうものはどんどん拡張したくなるのでスクリプトファイルの保存場所を決めておきます。
~/.zshrc
~/.zsh/peco-scripts/ の読み込みやキーバインドの設定
~/.zsh/peco-scripts/
peco のスクリプトファイルの保存場所

# load peco scripts (require cdr)
for f (~/.zsh/peco-scripts/*) source "${f}"
% tree peco-scripts
peco-scripts
├── peco-cdr.zsh
└── peco-select-history.zsh

peco-cdr.zsh: 開いたディレクトリの履歴からディレクトリを選択する

[zsh]cdr: 開いたディレクトリの履歴からディレクトリを開く | DevAchieve
function peco-cdr() {
    local selected_dir=$(cdr -l | awk '{ print $2 }' | peco)
    if [ -n "$selected_dir" ]; then
        BUFFER="cd ${selected_dir}"
        zle accept-line
    fi
    zle clear-screen
}
zle -N peco-cdr
# 履歴から cd
bindkey '^@' peco-cdr

peco-select-history.zsh: コマンドの履歴からコマンドを選択する

function peco-select-history() {
    local tac
    if which tac > /dev/null; then
        tac="tac"
    else
        tac="tail -r"
    fi
    BUFFER=$(history -n 1 | eval $tac | peco --query "$LBUFFER")
    CURSOR=$#BUFFER
    # zle clear-screen
}
zle -N peco-select-history
# 履歴からコマンド選択
bindkey '^r' peco-select-history

追記: 2014/12/10
コマンド履歴の重複を削除して peco で選択できるようにしました。
[peco]peco-select-history.zsh で表示されるコマンド履歴の重複を削除する - Qiita

まとめ

使ってみるとわかりますが、すごく便利です!

参考: pecoを使い始めた - $shibayu36->blog;

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)