2012/09/04

[書評]ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。
矢野りん
発売日:2011-09-26
ブクログでレビューを見る»
Webデザインの基礎知識を幅広く解説した本。
Webデザインを始めたい人が読むのにちょうど良いボリューム。
デザインと言ってもアートなものではないのでプログラマも知っておいていいと思う。

「新しいウェブデザインの技法大全」と表紙にあるけどそこまでのものではないような気がするけども
一般的にWebデザインについて言われていることについてまとまっているので概要を知るのに役に立つ。

だいたいのことは知っていたけどオブジェクトとアクションに分けて分類するという考え方は知らなかった。
あと、カテゴリ分けの手法でLATCH法というのは知らなかった。
Location:位置, Alphabet:アルファベット, Time:時間, Category:分野, Hierarchy:階層で情報を分類する手法。
考え方が結構参考になる。

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。
ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)

ブログ アーカイブ