2012/01/25

AIZU ONLINE JUDGE(AOJ)で競技プログラミング始めます

AIZU ONLINE JUDGEとは

AOJ - オンライン プログラミング チャレンジ
オンラインジャッジとは
オンラインジャッジとは、ユーザから提出されたプログラムの正しさ・効率を
自動で判定するオンラインシステム(WEB アプリケーション)です。
24時間インターネットからサイトにアクセスし自由に自主学習する・遊ぶことができます。
サイトには、多くの問題が掲載されています。各問題に対するプログラムのソースを提出すると、
「問題の仕様から考えられる入力に対して正しい出力を行っているか」、
「指定された資源(CPU 時間、メモリ使用量)で処理を行っているか」を
厳格な審判データと検証器で自動判定を行います。サイトには多くのユーザが登録しています。
他の人と問題数や処理速度で競うこともできます。
AOJ チュートリアル (PDF注意) http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/aoj_tutorial.pdf

日本語でできる競技プログラミングです。
競技プログラミングとは…明確な定義は知らないですが以下のように考えています。
与えられた問題に対してプログラムを書き、その正しさ・効率を競うこと。
何かを作りたいものがなくてもプログラミングしたいという人には
適切な問題を提示してくれるAOJはオススメだと思います。
日本語でわかりやすいし、ヒントもあり、初心者でもできる!
(初心者向けのVolume 100の最初の問題は"Hello World"を表示するというモノ!)

ひよっこプログラマーなのでVolume100から始めたいと思います(^o^)/
まずは少し使ったことのあるC言語でVolume100を終わらせ、
その後、ちゃんとやったことのないJavaでVolume100をやりたいと思います。
平日夜9時に一回ずつ解答を晒していく連載を始めます。

0 コメント :

コメントを投稿

タグ(RSS)

ブログ アーカイブ